FC2ブログ

DELTA1091

うはwwwなるほど確かに推すだけあって凄いな!
ここに来て作風に変化が見られるって言うのもポイント高杉。今から楽しみですじゃ。

そんなこんなで予告通り今日紹介するのはコチラ。
-----------------------------------------------------------------------------

P5250173.jpg

A-1 DANCE IN THE FIRE/ MAD MAX
A-2 RADIO/ MAD MAXfeat.DENISE
B-1 ROCK OF THE NATION/ MAD MAX
B-2 FUNKY BABY/ ALLEN COX

DANCE IN THE FIRE/ MAD MAX 5:30
(L.GELMETTI-C.MORONI)
とりあえず以前の配信時にレビューしたのでそれを再掲。

DANCING CRAZYとセットで好きなこの曲。vol.120ではまった後、オリジナルを聞いたときそのOPにかなり驚いた覚えがあります(笑)
CD未収録パート3:50~の変型リフ・LASTver.の様な作りがミソ。
終わり方もキレイで◎♪


うーむ、今と違って簡潔な文章で分かりやすい(笑)
上にも書いた通りDANCING CRAZYとセットでお気に入りでした。
曲名とアーティスト名がごっちゃになるのは前述の通り。
タイトル通りあくまでも基本に忠実な仕上がりで耳に馴染みやすい音色はもちろん、奏でるメロディ、さらには分かりやすさを絵に描いたようなサビフレーズと聞いていて安堵さえ覚える仕上がり。

落ち着きのある雰囲気である一方、DANCING CRAZYほどではないにしろ適度なアグレッシブさも兼ね備えており、終始ダレることなく曲を展開。
締めるところはしっかり締めている、そんなメリハリのある作りもこの曲が好きな理由の一つ。
-----------------------------------------------------------------------------


RADIO/ MAD MAXfeat.DENISE 5:15
(L.GELMETTI-C.MASSERA-C.MORONI)
DR.LOVEfeat.D.ESSEXに続く、DELTAフィーチャリングシリーズの第二弾。
まぁfeat.DENISEとはなっているもののDELTA男性楽曲にはたいていバックに女性コーラスがいるので、そこまでこの名義に拘らなくとも…とは思いますけど(笑)

HARMONYの様に過去に同名のヒット作品がある場合、やっぱりその過去作品のイメージが強いせいかなかなかヒットに結びつかないわけですが、このRADIOも言わずもがなSALT&PEPPERの同名曲が存在。

ではこのMAD MAXのナンバーはどうだったのか。
受け取り方は人それぞれでしょうが個人的には決して名前負けしていない作品かと。
メロディ、キャッチーさが売りだったSALT~のナンバーと比べれば本作は確かに劣っていますが、その分SALT~にはない独特なテンポ、軽妙な掛け合いで勝負。

マイペースなんて言葉が似合いそうなゆったりとした独特なテンポ、過去の作品とは真逆の微哀愁路線、しかしそれでも分かりやすさは同様のサビフレーズ。
過去作品の良さを残しつつも全く別のベクトルで勝負しているところに好感が持てます。
以前のNO MORE LONELY NIGHTとはまた違った哀愁度がお気に入りです♪
-----------------------------------------------------------------------------


ROCK OF THE NATION/ MAD MAX 4:46
(L.GELMETTI-C.MASSERA)
似たようなタイトルの作品がPERNICI作品にもあったような。

単独名義通算4作目となる本作、初期の頃の哀愁楽曲に比べるとだいぶ印象も変わってきた感もありますが、感じとしては上の二曲を足して二で割ったような作風で適度に哀愁、適度にアグレッシヴ。
お世辞にも疾走感があるとは言えませんが、ちょっとゆったりしている分重厚に攻めており、どこかで聞いたようなクセのあるvo.との相性も抜群。
RADIOもそうでしたが、Aメロの終わりやBメロの掛け声を伴ったパートなど何とも言えない、歯切れの良い仕上がりで、疾走感の無さなどどうでも良くなります(笑)

他の作品に比べると全体的に攻め切れておらず、特にサビでの盛り上がりが今ひとつ欠けてしまっているのが個人的には少々残念ですが、それでもA-1の様に要所要所でしっかり締めているのでメリハリの良さは同様。

EXTENDには4コーラス目リフの後きちんとしたアウトロがあるんですが、EDITではそれを上手い具合に省いてGO!で帳尻合わせしていたんですね(笑)
ちなみにEDITでは3分前後の間奏の後通常Aメロ→コーラスオンリーの変型Bメロ→変型サビという展開になっていますが、EXTENDではEDITにも収録された間奏の後に変型サビインストが存在し、その後一度も通常Aメロに戻ることなく、切り返してコーラスオンリーの変型Bメロ→サビという展開になっています。
-----------------------------------------------------------------------------


FUNKY BABY/ ALLEN COX 5:35
(L.GELMETTI-C.MASSERA-C.MORONI)
“FUNKY”と言えば昔々のFUNKY LADYやFUNKY FUNKY CHILDといった作品が思い浮かびますが、やはりそうした過去のヒット作品のイメージが強いせいか、この“FUNKY”というフレーズに多少の古臭さを覚えてしまうわけで。

さて彗星の如く現れ彗星の如く消えていったALLEN COXが歌う本作、いざ聞いてみるとこの“FUNKY”というフレーズが持つ懐かしさと同じようになかなかに懐かしい、温故知新的な仕上がり。
この4曲の中では一番疾走感があり、同時期のTOKYO LIGHTS/ PHIL JONESと同じような、ちょっと抑えめながらも実に力強いメロディが魅力。
寄り道一切無しのAメロ・Bメロは多少冒険しても良かったのでは?と思う一方、リフからのノリの良さを継続しており聞きやすさにおいては上3曲と同じ。
やっぱりどこか昔懐かしいサビでの展開、高揚感は冒頭にも書いた“FUNKY”というフレーズが醸し出すノスタル爺と合わせて当然お気に入り♪
ギターソロとまではいかないまでも中盤のインスト→ギターパートもポイント高いです。

EXTENDは結構複雑な作りなんですが、珍しくあまりカットせずにEDIT化しているんですね。ケツ以外3:57まではEDITと同様の展開。
それ以降の4コーラス目の展開はベース音の若干異なる変型Aメロ&Bメロ→通常サビという作りでそれ以前の複雑さに比べるとびっくりするぐらい普通(^^;)
まぁ裏を返せばEDITにきちんと美味しいところを入れておいてくれたってことになるんでしょうけどね(笑)
-----------------------------------------------------------------------------

VIB系の配信がほとんど完了したとは言え今年の夏物語を選曲した方はなかなか分かっていらっしゃいますよね(笑)
この好待遇な選曲を考えるとレコード会社側の企画と言うよりは9LoveJ側の企画・選曲だったんでしょうかね。良い仕事してます。
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
地味にTOUGH BOYのEP配信待ってる…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索