FC2ブログ

VEJT-89158

暑いよー雷だよー(苦笑)
今日は用事があってスーツを着ていたんですが、なんか熱射病になったっぽい。。。
頭痛いわー。

というわけで今日はこの一枚。
WHITE LIGHT大好き!という方がいましたら是非友達になりませう(何
-----------------------------------------------------------------------------

P6290212.jpg   P6290214.jpg

A-1 LET’S TURN IT UP/ MR.GROOVE
A-2 WHITE LIGHT/ MR.GROOVE
B-1 WEST END GUY/ DIGITAL PLANET
B-2 I’VE GOT TO GO/ MANUEL

LET’S TURN IT UP/ MR.GROOVE 5:34
(F.RIZZOLO-L.FRASSETTO-L.RAIMONDI-R.FIORILLO-G.PASQUINI)
何だかもの凄く仰々しい作家陣ですが…(L.FRASSETTO、R.FIORILLOは全然知らぬ)
どうもMEGA NRG MAN名義に押されがちなMR.GROOVE名義の作品ですが、本作はGETTING’ ON DESIRE以来となる作品。
いかにもEUROBEAT然りとしていた前作に比べると今回はトランス色の強いシンセ音のせいか異なる印象。個人的にはこの手のトランス系統の音色はボヤけ気味であまり好かんのですが、ベースはアグレッシヴ、煽るようなフレーズを盛り込んだリフは疾走感もあり文句は言いつつも結構好き(笑)
毒気の少ないAメロに一瞬戸惑いますが、Bメロからの持ち直し具合は素晴らしく、名義は違えど相変わらず冴え渡ったMARINの歌い回しも聴き応え十分。Bメロ~サビもバック自体は割とおとなしい(と言ったら語弊があるかも知れませんが)、流れるような構成の割に力強さを感じるのはやはりこのヴォーカルのおかげなんでしょう。
-----------------------------------------------------------------------------


WHITE LIGHT/ MR.GROOVE 5:21
(G.PASQUINI-F.RIZZOLO-S.OLIVA-L.FRASSETTO-L.RAIMONDI)
MR.GROOVE名義最後の作品となってしまった本作。
SEBvol.138に収録された本作ですが、知名度の方はどれぐらいなんでしょうね?頭文字Dにも挿入歌として使われ、後のコンピアルバムでもしっかりEXTEND収録されましたし、そこそこ名は知れている…とは思うんですけど、ノンストでもあまりお目にかかれない、そもそもこの曲が良い!なんて話自体も見たことありませんし。こうなってくるとその人気・知名度に若干の?が付くわけで。
だから、と言うわけではありませんが、オレは敢えて宣言する!あの壺この曲は良いものだと(そんな改めて言うことじゃないことかも知れないけど)
ピアノフレーズを絡めた静かな出だしからハイハット、vo.と徐々に幅を広げながら加速していく作り。このレーヴェルにしては珍しい変型リフ始まり、加えて直後の本リフと出だしの静けさから一気にテンションを上げるこの一連の流れは見事としか言いようがありません。そのリフもさすがこの時期のA-BEAT然りとした、派手な音色に彩られておりアグレッシヴなのはもちろん、躍動感に溢れた仕上がり。
ヴォーカル映えが素晴らしいのは言うまでもありませんが、それでもMEGA NRG MAN時の俺に付いてこい!的な歌い回しに比べるとちょっと影があるというか。アグレッシヴの中にも微かな哀愁を帯びた歌い回しで、その辺りの差違も良い意味でらしくなくてお気に入り♪
他にも2種類ある“WHITE LIGHT”の歌い回しや一瞬SUNSHINE IN YOUR EYESが垣間見えるサビフレーズがツボです。
リフとヴォーカルパートの一体感も他の作品以上、文字通り頭から尻尾まで美味しく頂ける一曲かと。

CD未収録で3コーラス以降の展開を記載。
(3コーラス)バック弱めの変型Aメロ→通常Bメロ→半インスト気味の変型サビ
(4コーラス)リフから切り返してBメロインスト→通常サビ
見事なまでにいつも通りのEXTENDです。
-----------------------------------------------------------------------------


WEST END GUY/ DIGITAL PLANET 5:23
(S.BRANDONI-S.OLIVA-G.PASQUINI)
作家陣にも名を連ねるS.BRANDONIさん率いるDIGITAL PLANETの1st。
今でこそあまりEUROBEATらしくないといったイメージで定着しているデジプラですが、そのデビュー作はいかにもEUROBEAT然りとした作り。某氏の第一作目が一番EUROBEATらしかった、というコメントにも思わず納得。
でそんなEUROBEATな本作なんですが、個人的にはちょっと物足りなさが残ってしまう作品。リフもたしかにアグレッシヴに走っているんですが、いかんせん出だしのシンセ音がスカスカでどうもズッコケてしまうと言うか…中盤・後半部分のうねりフレーズは他の作品同様及第点以上なんですけど。
ヴォーカルパートも現在のかなり独特な雰囲気とは異なり、至極一般的なEUROBEAT的な歌い回し。ただそんな中においてもいつもの煮え切らなさは健在で、イキそうでイキきれないサビ締め部分とかは彼らしさが十二分に出ているかと(笑)
それにしてもこのサビフレーズは何かに似てますね(と言いながら全然思い出せないけど)

CDは持っていないので3コーラス目以降の構成を掲載。
(3コーラス)ギターフレーズが気持ち強めの変型Aメロ→バック弱めの変型Bメロ→タイトル連呼の変型サビ
(変型リフ→通常リフ)
(4コーラス)Aメロインスト→通常Bメロ→通常サビ
といった流れとなっております。
-----------------------------------------------------------------------------


I’VE GOT TO GO/ MANUEL 4:23
(G.PASQUINI-S.OLIVA-F.CONTINI)
でこちらはMANUELの1st。私自身、BIG BOYとかLET’S GO COME ON辺りから入ったので、果たしてそれ以前の作品に口ならぬ耳が合うのか心配だったんですが、そんな心配は杞憂。良いじゃないですか、この曲(笑)
WHITE LIGHTのレビューで“このレーヴェルにしては珍しい変型リフ始まり…”なんてほざいたクセに上のデジプラ、そしてこの曲も変型リフスタート(汗
本人なのかフレディたんなのかちょっと分かりませんが、ちょっと甲高いバックコーラスを従えたイントロ、そして変型リフ。そして満を持しての本リフの登場で、冒頭の展開に関しては上記2曲同様、申し分ない仕上がり。
リフのメロディも後の正統派路線に比べるとちょっと裏をかいたようなフレーズで新鮮。当然アグレッシヴでもあり彼の歌声に上手くマッチ。
“♪アイアイアイ…”“♪YOU×3”とAメロ出だしからキャッチーなフレーズで煽り掴みはバッチリ、Bメロからは一転ノビのある歌い回しが楽しめる展開。
サビはバックコーラスがちょっと目立ちすぎて多少の不満も無いわけではないのですが、それでも後の作品と同じように彼の歌声が十二分に活きる構成で個人的にもお気に入り♪
やっぱり彼には“GO!”が似合いますね(笑)

EXTENDは上記の通りCD収録EDITと30秒ほどしか変わらない作り。短いのはちょっと残念ですけど、いつものEDIT切り替えしてBメロ(インスト)→サビといったような小賢しいEXTENDよりは全然好感が持てます。
ちなみに未収録はアウトロのリフ部分のみ。EDITは3コーラス目サビの後リフには戻らず綺麗に締めていますが、実際はリフが存在。
基本的にはこの部分のリフは通常ver.ですが、一応後半部分にはサビフレーズを乗っけたちょっと変型気味な作りになっています。
-----------------------------------------------------------------------------

さぁラタトスク終了。感想は明日に回します。
…というかムービーがカットできないとか言っちゃいましたけど、A+B+C+Zでカットできますね(爆)

来週はいよいよペルソナ4ですけど、その前に一本買っちゃったんですよねー気が向いたらその辺りの感想も書き殴るかも。
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

>WHITE LIGHT
大好き!……って程でもないですが、好きですよ(笑)。
確かに珍しいですよね、A-BEAT Cで変化リフがイントロに組み込まれているのは。(哀愁的に)盛り上がって私もこの展開はとても好きです。
当時はこの名義で哀愁か! みたいな感じで話題になったようなならなかったような。
有名だと私としては思ってましたが……どうなんでしょう?
というかそもそもこのMR.GROOVE名義がMEGA NRG MANに比べてしまうと影に潜み気味?
名曲沢山あるんですけどねえ。

こんばんは、探偵ナイトス(略)

>WHITE LIGHT
あぁ良かった、好きな方がいてくれて(何
上記にも書いたとおり頭文字Dにも使われていますし、知名度はなかなかあってもイイとは思うんですが…どうもそういう話を耳にしないんですよね。
そもそもこの時期の楽曲についてのレビューが皆無っていうのも理由の一つなのかも知れませんが。
あとリクカンを初めとするノンストへの収録が無かったりするとどうしても人気あるのー?なんて思っちゃうんですよね。人気を確かめる術もないですし。

>この名義で哀愁
たしかにそうですよね(笑)以前の作品はアグレッシヴ一辺倒、それこそMNM名義とあんまり差も無かったり、なんて思っていましたが(^^;)
そう言った意味でこの曲はMNM名義と差別化が図れて良いなぁなんて思ったんですが、この曲以降、MR.GROOVE名義は使われなくなってしまったんですよね。

>名曲
最近はLOVE IN CHINATOWN/ MR.GROOVEとLOVE IN CHINATOWN / TOMMY K.を交互に聞いてニヤニヤしてます(爆

MARINはA-BEAT、GO GO'S掛け持ちなんでしたっけ?
最近はGO GO'SからMNM名義でのリリースが続いているので、そろそろA-BEATからMR.GROOVE名義でリリースしてくれるとまた面白くなりそうです(笑)
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
Qobuzに来るみたい

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索