FC2ブログ

TRD1468

テイルズオブハーツは12月11日発売なんですが、もうCM放映し始めているんですねーヴェスペリアの時は割と1ヶ月切ってからの放映だった気がするのですが。
たしか海外用に向けてのCGver.という話だった記憶があるのですが…日本での売上はどんな感じになるのでしょうかね?(やっぱりアニメ>CGというオチ?)

今日はこの一枚。


P9080021.jpg

TELL ME/ KATE&KAREN
(DALL’ORA-MORONI)
A-1 EXTENDED MIX 5:28
A-2 ACAPPELLA 1:08
B-1 RADIO 2:36
B-2 INSTRUMENTAL 2:36
B-3 DUB VERSION 1:49

今までTHAT’S~系で活躍していたK&Kの@社(EBF)CD初収録の本作。
以前のEBFvol.6の時にレビューしたのでそれを再掲しますが…

“上と同じ作家陣の組み合わせの本作。ブックレットにも書いてあるとおりイントロ部分はアジアンテイストな仕上がりでどこかしらJAPAN JAPAN!!に雰囲気は似ています。上の曲がコミカル要素を多分に含んでいたのに対し、こちらは徹底的に真面目な仕上がりで、今更ながらこの歌いわけの上手い器用なvo.に脱帽(笑)サビでもDANCING IN THE TOKYO NIGHTといった分かりやすいフレーズなんかもあったりしてイイ感じ♪
リフからサビまで流れるように展開する作りはどことなく後のVIBに通じそうな気も。”


たしかリフ別ver.の特集の時にTXさんが仰っていらした記憶があるのですが、この曲アナログとCDとではリフがまるで違います。
上にも書いたようなCDver.のオリエンタルな雰囲気漂うメロディはなりを潜め、アナログver.はなるほどたしかにBOOM BOOM BOOM/ MARIE BELLE(笑)
型番的にBIM BUM BAMやSUPERMAIOといったチープな感じの作品の直後なので、初めて聞くと“この時期のTIMEなのに凄い音がクリアで重厚!?”などと驚くわけですが、YOU DON’T GIVE ME LOVE(TRD1465)やDANCING IN THE DARK(TRD1478)と同時期の作品であると言うことを考えれば何となく納得。
BOOM×3よりはBPMが低いためアグレッシヴ要素は若干薄くなっている感もありますが、それでもこの時期の作品の中では上記2曲と合わせてかなり攻撃的。またメロディラインも明るく、厚みの増した音と合わせてCDver.とは別ベクトルで聴き応えもアップ。

ただし違うのはこのリフ部分のみなので、CDver.に慣れきってしまっているとやや違和感を覚えるかも(特にリフ締めの部分、Aメロ直前の収束部分はどちらのver.も同様なので)
当然ヴォーカルパートも同様の展開で、あなたの本当の歌声はどれなの?とでも聞きたくなるようなMORONIの歌い回しが縦横無尽に行き交う作り。
テンポの良いバックに合わせつつ、非常にノビのあるサビでの歌い回しがお気に入り♪

ONE NIGHT IN RIO辺り同様、CDver.の方が味のあるメロディですが個人的にはこのアナログver.も有り(アノ曲に凄く繋げやすそうだし(笑))
ちなみに以前紹介したJAPAN!JAPAN!/ MAX HI-NRG&HIGH FREQUENCYと同じようにDUBver.にはそのオリエンタルなCDver.の(変型)リフがチラッと収録されてます。



某知事風に言えば“あのクソ理事長が…”ということになるんでしょうか(笑)
何か最近辞めたお猿さんもそうですけど、クソみたいな人間がトップになるとホントろくでもないことばかり起きるんですね、いやもの凄く当たり前のことなんでしょうけど。

今年はやくみつるを目にする回数が異常なほど多いです(笑)
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
外国人がいないだけで人の多さは以前と同じくらいになってきた気がする@秋葉原

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索