FC2ブログ

TRD1463

昨日の記事を読み返していたら何か違和感を感じたのですが、あれです、収録内容と収録時間を書くのを忘れてました(汗
先ほど修正しましたので興味のある方はどうぞ。
1コーラスが長い&通常リフの繰り返しが多いせいか全部で3コーラスしかないのが少々残念ではありますが。

相変らず高嶋ちさ子すげぇということで今日はこの一枚。


P9090002.jpg

LOST IN TOKIO/ TENSION
(CARIA-DALL’ORA-MORONI)
A-1 EXTENDED MIX 5:09
A-2 ACAPPELLA 1:06
B-1 RADIO 2:31
B-2 INSTRUMENTAL 2:31
B-3 DUB VERSION 2:05

“明らかに狙いが見える…”とはDART IN MY HEARTの解説ですが、DARK IN THE NIGHTから続くこの路線は正確にはDARK IN THE NIGHT→FLASH IN THE SKY→LOST IN TOKIO→DART IN MY HEARTの順(MAIO&CO.名義縛りの方がキリは良いけど(笑))

先日紹介したCOME ONからBABY COME BACK、TELL ME WHYとヒット曲を連発し迎えた本作。ちょっと多めなサンプリングをまとったアップテンポなイントロを介して始まるリフはDARK IN THE NIGHTのモノに中華風な味付けをこしらえ、更にこのSEB50番台のTIME作品に多かった例のアヤシイ路線をブレンドした仕上がり。
サビフレーズをパクったDART~とは違いこちらはリフメロディをパクった作品なので時期的に近い作品とは言え実際聞き比べてみればだいぶ違う作品に。
ツッコミ所の多いリフに比べてヴォーカルパートはかなり真面目で(でも本当は…)、Aメロからサビまで転調無しの哀愁一本。もしかしたらTENSION名義の作品の中で一番哀愁度が強いかも知れません。
艶のある、それでいてアグレッシヴさも兼ね備えたヴォーカルの歌声は相変わらず魅力的で、テンポの良いバックや女性コーラスに合わせながら一気にサビまで駆け上がる。
同CD収録のTOKYO TOKYOとは真っ向から路線の異なる、哀愁たっぷり、情感たっぷりのサビパートは哀愁好きには堪らなく、しかし一方で“TOKIO”という分かりやすいフレーズが入っているせいかキャッチーさはD-ESSEXのモノと比べても一歩もひけを取らず。盛り上がりに関しても当然及第点以上。

この作品、リフがあまりにもアレなのでそっちばっかりに目がいってしまいますが、一番の突っ込みどころは何を隠そうヴォーカルパート!(笑)
まずはAメロ出だし。
・“Gaijin in the city”:都会に落ちた外人
→外人がGaijinとはこれ如何に?みたいな(笑)対訳も決して間違えちゃいないんだろうけどこれだけ見ると何か上空何千メートルからダイブしてきたみたい。

同じくAメロ
・“I want give you my deep affection”:俺の心の底からの“愛情(アフェクション)”捧げよう
→わざわざaffectionを愛情と訳しておきながらカッコ付けで(アフェクション)と付けるこのセンスに脱帽。やっぱり小野香代子さんは凄いや。

で本日のメインディッシュがこちら
・“Lost in Tokio/ I feel in love with you Tomoko”:トキオの迷路の中でもトモコ、お前がいれば恋に浸れる
誰!?トモコって!(爆)もしかして松島トモコ?あのアフリカでライオンに噛まれた、ミネラル麦茶的な(笑)
何となく見えてきた、この曲がライオンに噛まれた松島トモコを助け出そうという曲だって事が(な、なんだってー)

しかしこの曲の歌詞を考えた人は一体誰なんでしょうね?普通にイタリアに暮らしている人ならGaijinは知っていたとしてもトモコはなかなか知らないと思うのですが。
この迷走気味の日本語を見ていると何となく元A-BEAT組のあの御方が脳裏に浮かびます(案外CARIAさん繋がりで)
せっかくの真面目なヴォーカルパートもこうなってくるともう松島トモ子しか浮かんできません。歌詞・対訳は見なかった方が良かった…かな?(苦笑)


脈々と受け継がれるDARK IN THE NIGHT路線はこの後もPRAYER TO THE NIGHTや2004ver./ 180によってしっかりと継承。レーヴェルが変わってもまたやるんでしょうか、DARK IN THE NIGHTを(笑)

今思い出しましたが、去年やった年末NON-STOPでI’M LOST IN TOKYO/ NIKITA JR.の冒頭に無理矢理ねじ込んだりもしましたね。


たまには趣向を変えてと言うことで弄り無しの曲を6曲ほど入れてみたのですが、何か弄らないといけないんじゃないかという猜疑心(というか疑念)のようなものに駆られたり。
まぁ弄ったところでたかが知れてるわけですが。

ここに来て何曲か入れ替えたりと完成はまだまだ遠く。本来なら先月中には完成させるはずだったのに(苦笑)

関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
外国人がいないだけで人の多さは以前と同じくらいになってきた気がする@秋葉原

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索