FC2ブログ

3B@配信レビューその①

隔週という考えで行けば今週、過去SEB配信がないのは予想範囲内。
来週の配信の有無で一応、隔週であるのか、またそうでないのかハッキリする訳ですが。
正直もの凄く聞きたい!って曲が無いので@社にゃろうーなんて気持ちにはなかなかならないのですが、それでもいつまでもグズグズと足踏みしているっていうのもあまり良い気分はしません。
来週はどうなるんでしょうかね。

配信繋がりで今日は珍しく3Bの楽曲のレビュー。未配信だった作品、今年収録された作品でもレビューしていなかった作品には一応評価を付けてあります。


MAYDAY/ MISTER MAX 5:13 B
(M.FARINA-F.SERRA)
収録される、収録されると言われながらも結局収録されずじまいだった本作(苦笑)
S&P STYLEやTOKYO AUTO SALLON等収録する機会は多々あったと思うのですが…
で聞いてみたのですが、曲の出だしを聞いて吹いた(笑)まるっきりSEXY SEXY SEXY/ KEN MARTINと一緒。もっとも同じなのは冒頭10秒程度でそれ以降はコーラスやSE、ギターを交えつつ展開という全く異なる作り。
そんなイントロを経て始まりリフは昨今の3Bとはまた異なる、柔らかめなシンセ音で構成されており耳馴染みは抜群。ただ一方でそのシンセ音であるためかややインパクトに欠け、存在感が薄いのが難点。今の3Bとは違う意味でリフは勿体ないです(^^;)
今回のヴォーカルはSERRAさんですが、FARINA様の歌声と違いこの人の場合常に煮え切らなさがついて回る歌声であるためヴォーカルパートもリフ同様多少の物足りなさを覚えたりも。
とは言えそれは慣れれば気にならなく程度のもの。バックの哀愁フレーズに合わせて抑え気味に歌いこなしつつ、サビでは一転して荒々しさを全面に打ち出して歌うというスタイルで各パートの強弱の付け方がお気に入り。
個人的に4:07~の息の抜けた“Oh No…”の歌い回しとメインvo.・コーラス・ギターが一緒になって畳みかけるサビパートがツボでした(笑)

リフにもう一本ガツンとインパクトのあるフレーズを盛り込んでくれたら更に化けたんでしょうけど…繰り返しになりますが少々勿体ないですね。



SEXY FIRE/ MARK FARINA (B) 5:06
(M.FARINA-F.SERRA)
一応去年末のTOKYO AUTO SALLONでレビューしたのでそれを再掲。

過去にSEXY SEXY SEXY/ KEN MARTINなんて曲がありましたが。
曲の方はNEW GUNFIREあたりを巧みにかわすリフでタイトル通り格好良く攻めており、その後の展開も期待した訳なんですがAメロ頭の歌い出しに何だか違和感(何度も聞けば慣れそうですけど)
Aメロは若干退屈ですが、Bメロ以降からサビにかけての盛り上がりはこのレーヴェルお馴染みアイアイといったフレーズやクセのあるvo.によるこの短くて分かりやすいタイトルコールもあってイイ感じ。

欲を言えばサビにもう一捻り欲しいところですけど。それでも上の曲同様の正統派アグレッシヴ路線で結構気に入ってます。


リフはとにかく旧来作品を彷彿とさせる作りなんですが、すぐには思い出せないような作りとなっておりいつもの劣化焼き増し作品とは一味違いお気に入り。
リフからサビにかけておちゃらけ一切無し、とにかくひたすらアグレッシヴ、真面目に展開しておりややもすると面白味に欠けてしまうような点もなきにしもあらずなのですが、サビでの盛り上がりがそんなことを見事に吹き飛ばしてくれるので無問題(笑)

CDに収録されなかった部分は3コーラス目以降で変型リフ、間奏パートを挟んで始まるその3コーラスは何故かライヴ仕様(笑)通常パートよりもギター強めでだいぶ雰囲気が異なります。ただその変型パートはAメロ前半たかだか10秒程度なので物足りないかも(欲を言えばこの仕様で1コーラスやって欲しかった)



SEXY SEXY LADY/ MARK FARINA A 4:21
(M.FARINA-F.SERRA)
えーとCD収録は無かったんでしたっけ???たしかアナログに収録されいつか買おうなんて思いつつもついつい忘れてしまい今日まで来てしまいましたが(汗

そんな訳で今回初めてこの曲を聞いたわけですが、こちらはLIKE A FIREのイントロの転用でやや苦笑い。それでも掛け声を混ぜながらリフに向かう流れは勢いもあってお気に入り。
ちょっと中華な味付けの成されたリフは珍しくオリジナリティ溢れるメロディラインで、もうそれだけでプラス250点(笑)一つ一つのフレーズも割合はっきりしておりちょっととぼけたような作りがお気に入り♪
ヴォーカルパートもそんなおとぼけ、おちゃらけ要素満載の作りで似たようなタイトルの上の作品とは正反対の作り。普段はバックに徹している女性コーラスが珍しく全面に出ているのが印象的で、おふざけモード全開、Aメロでのアクの強いメインvo.との掛け合いが聞き所。

Bメロからサビ前半にかけては至極真っ当な(という表現が良いか分かりませんが)作りですが後半部分を聞いて吹いた(笑)古くはVIRTUAL LOVE、最近ではEUROGIRL等でも例の雄叫びにも似たフレーズが今作にも健在。ここまで来るとパクリと言うよりもアイアイ同様のお家芸とでも呼んだ方が良いのかしら。
後半部分、歌うことを放棄し、また敢えて下手に歌うことでその二番煎じ、三番煎じを煽っているようにも聞こえ、リフから続くおふざけモードを最後まで途切らすことなく貫いている点が逆に清々しくもありツボでした。
パクるにしてもここまでやってくれれば文句ないです(笑)

それにしてもコーラスの絡み具合や随所の妙なサンプリング、そしてアクの強いvo.にこの手の曲調。以前も言いましたがこういった曲を聞いているとホントこのレーヴェルってエナアタと紙一重なんだなーなんて思います(元々の出は一緒ですしね)



TONIGHT IS THE NIGHT/ ALVIN 5:18
(M.FARINA- G.CRIVELLENTE- F.SERRA)
本作を一言で表すのなら“今の3Bに足りないモノ”を全て兼ね備えた作品。
やや誇張がかった表現ですが決して言いすぎというわけではなく、最近の3B作品に聞き慣れた耳にはひどく懐かしく、今から10年以上も前の作品なのに逆に新鮮に感じられます。

EBFで復活してからの3Bは男性楽曲ではVIRTUAL LOVEやNO!NO!、女性楽曲ではYOU’RE IN DANGERやLOVE ME TWICE等々いずれ劣らぬ名作を多数リリースしてきましたが、本作もそれらに負けないほどのハイクオリティな作品。
現在の作品とは真っ向から逆を行くミドルテンポ路線で、冒頭は耳に心地よいテンポを維持しつつコーラスを交えリフへと滑り出す作り。
オルゴールのようなフレーズを盛り込んだリフは非常に賑やかである一方、要所要所で哀愁フレーズが垣間見える作りとなっており、一見すると正反対であるようなドリーム要素と哀愁要素が見事に調和。このリフを聞くだけで心が癒されます、心が洗われます。
そんなノリを維持しつつ始まるヴォーカルパートは同様に心安らぐ仕上がりで、やや長めの明るいAメロからBメロで微妙にシリアス調へと移行しつつサビへ。
サビはBメロからの流れを汲みつつも再び明るい曲調へと回帰し、伸びやかな歌声がそんな曲調に上手くマッチ。また明るく爽やかである一方でリフ同様微妙に哀愁をかすめる作りとなっており、この辺りの調和加減、一つの曲の中で色々な面を見せてくれる点がお気に入り♪

未収録部分も(仕方なかったとは言え)何でカットしちゃったの?と思わず呟きたくなるほど美味しい作りで、具体的にEDITと異なるのは2:53から。
<2コーラス>→通常リフ→間奏パート(前半は変型Aメロインスト?)~3:44→Bメロインスト→変型サビ→EDITにも収録されたサビインスト?パート→リフという流れ。

他の作品に比べると中盤の間奏パートがやや長いのが特徴ですが、このヴォーカルもほとんど登場しないこの部分ですら美味しく感じられ、続くBメロインスト、変型サビへの流れは昇天しそうなほど最高!(爆)
特にこの変型サビの出だしで一瞬アカペラになる部分がお気に入り♪心憎いまでの細部への気配りがこの曲が好きな理由の一つなのかも知れません。

今の3Bも嫌いというわけではないのですが、やはりこの時期の作品と比べると見劣りしてしまうのも事実。ここいらで一つ原点に戻ってミドルテンポの作品を作ってみるというのも面白いのではないでしょうか。

それにしてもEBFvol.12のブックレットを見るとサビは“Oh baby tell me what you do”となっているんですが、何度聞いてもwhatではなくwantに聞こえてしまうんですよねーどちらかが間違っているとか(笑)


両チームともに今日の試合が終わってもそれぞれ3、4試合残っていますけど今日の勝者がそのままペナントを制するような気配すらありますよね。
今は5回終わって2-0で巨人リード。
ここまで来たらあとは勝つしかないでしょう。内海頑張れ!

でもクルーンは出さなくて良いよ!(苦笑)
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

れっつごー!べーびーごぉ♪

どもどもー、Mayday入手に狂喜乱舞しまくってるスカイブルーです(苦笑)。

>MAYDAY
リフはZaniniがボーカルを担当したLet's Go / Ramoneのパクりです(苦笑)。
原曲がThat's後半(TEB40収録)で勢いも微妙だった分むしろこの味付けはかなりイケてる気がしますね!(^^
Serraのボーカルは個人的に100点に近いのでこんな感じで充分すぎます、むしろ(笑)。
・・あー、でもパクりというにはちょっと似て非なる感じが・・・(^^;

>セクシーFIRE
おバカ一直線だったあのパラ振りが頭について離れません(苦笑)。
個人的にはOh Dynamite / Danny Rockとセットですね(^^

ではではー。

こんばんは、4時就寝10時起床の変則リズムな管理人です(眠い)

>MAYDAY
初めは上にも書いたとおりSERRAさんの煮え切らない歌い回しにやや違和感を感じていたのですが、何度も聞いているうちに全く気にならなくなりましたね。むしろこの歌声がイイ味出しているのではないのかと(笑)
エナアタやTIME、DELTA、そしてこの3Bは他のレーヴェルの作品や昔々の作品をパク…モチーフにして曲作りをすることが多々ありますよね。
個人的には各レーヴェルごとに味付けが異なるのでこういった過去作品の盛り込むような曲作りは(劣化版でない限り)歓迎します(笑)

>セクシーFIRE
最近の3Bはセットにしやすい作品が多いですからねーもはや区別が付かなかったり(苦笑
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
久しぶりに石割り合戦に参加したと言うか、巻き込まれたと言うか…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索