FC2ブログ

NACK5/ DOMINO&KAIOH

リアディゾンの話があんまりにもあんまりで吹いた(笑)
ファンにしてみればホント寝耳に水、まさに「えーっ」な出来事だったんでしょうけど。

そうは言いつつ彼女に対する知識は紅白での歌が…だったことぐらい(笑)
合掌しつつ来月に備え今日はこの曲のレビュー。
最近どうもおざなりと言うか言い忘れてしまっていますが、曲に対する感想は私個人の偏った趣味趣向によるもの。数ある意見の中の内の一つと受け取って頂ければ幸いです。



NACK5/ DOMINO&KAIOH A
(A,GATTI-S.OLIVA)
番組中、パーソナリティの澤美代子さんも仰ってましたが、どこか宇宙を感じさせるようなエフェクト掛けNACK5コールから始まる作り。
“セブンティーン、ナイン(ポイント)ファイヴ!”のフレーズから冒頭同様のエフェクトフレーズ、そしてギターのカッティングを介して始まるリフは以前も言ったとおり薄味U.F.O.寄りの例のヤツで個人的にはそこがやや不満であったりもするのですが、ヴォーカルを務める二人の“NACK5”というフレーズを常に被せているせいか191収録のHURRY UP HURRY UP/ LOLITAの様なのれんに腕押し的な肩透かし感はほとんど感じず。
DOMINOの作品と言うだけでキャッチー、ミーハー路線といったモノを思い浮かべがちですが、メロディフレーズは意外にもアグレッシヴ志向の強い作りで、また疾走感も非常にあり聞き応えも相当。DOMINO名義の作品でここまでアグレッシヴな作品っていうのはかなり珍しいような気がします。

ただこの曲の醍醐味はリフよりもヴォーカルパートで、A・Bメロは高音域のDOMINOの歌声を声変わりをしたFREDDYタンもといKAIOHが支えるというスタイルで両者のバランス、コーラスのはもり具合も抜群。この辺りはさすが親子といったところなんでしょうか(笑)
また一聴しただけではちょっと気付きにくいのですが、AメロからBメロにかけての歌詞にはNACK5の各番組のタイトルが織り交ぜられており、“NACK WITH YOU”や“NACK ON TOWN”“NACK AFTER FIVE”、更には私のHNの元ネタにもなった“THE NUTTY RADIO SHOW 鬼玉”なども(笑)

そんな遊び心溢れるBメロからかつての自身の作品を彷彿とさせるような“LET’S GO!”の掛け声を挟んでサビパートが始まるのですが、ここではこれまでのパートと立場が逆転しKAIOHメインで、それにDOMINOが追従するようなスタイルに。
KAIOHのクセのない、非常にノビのある歌声によるタイトルコールは非常にキャッチーで、吸い込まれそうなほどの爽やかさを実現。またこのパートでも親子の歌声のはもり具合は文句なし、以前も言ったかも知れませんがこのパートには他の作品の追従を許さないほどの一体感があります。
そんな爽やかなサビとアグレッシヴ寄りなリフとのギャップもなかなかで、作品全体を通して非常にメリハリのある仕上がり。

当初はリフにやや難ありかな…なんて思っていたんですが、そんな不満を吹き飛ばす程ヴォーカルパートが素晴らしかったのでこの評価(私個人のNACK5贔屓も無きにしも非ず(何))

それにしても未だにKAIOH=FREDDYとは思えないんですよねーこの曲を聞いた後にDANCE TO THE MUSICを聞いてみたんですが、とても同じ人が歌っているとは思えないと言う(笑)
たしかDANCE~の時は12歳とか書かれてましたから、今はだいたい15、6歳ということになるんでしょうか。まぁこの年齢からすれば声変わりして当然なんですけど。

歌は確実に上手くなってますね、特にサビでの伸びやかな歌い回しを聞くと更にそう感じます。決して凄く主張するような歌声じゃないんですけど、かといって推しが弱いわけでもなく。落ち着いた中にも適度に力強さもあって、DOMINOに負けないほどの存在感。
次辺り久しぶりにソロ楽曲をやって欲しいですね。

既にREMIXも決定しているという本作、何だか私も作りたくなってきました(サンプリングで「おはようございます、大野勢太郎です」とか載っけたい(笑))

どうも全体的にNACK5贔屓が過ぎましたが、出来は非常に良いと思います。アグレッシヴ、爽やかさ、キャッチーさそれぞれに長けてますし畳みかけるようなサビパートの盛り上がりもかなりのモノ。
NACK5を知らなくても当然楽しめますが、知っている方がもっと楽しめるかも。



それにしても今年はいやにDOMINOの楽曲が多いですね。
来月発売vol.192に収録されるこのNACK5、PARA GIRL、他にはCALL ME、feat.でもBACK TO 80’Sや1WEEK(KRYSTAL名義)。

レーヴェル設立から一年以上経ちましたし、ここに来てやっと制作に専念できるような環境になったと言うことなんでしょうか。
@社的にイチオシらしい(笑)このレーヴェルもまた調子は上向きのようですし個人的にも今後に期待(しつこいようだけどあとはシンセを変えてくれれば(^^;))

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

No title

DANCE~に関しては何となく
DENISEさんのニオイがしなくもないですけどね、よく聴いたら 多分違うとは思いますけど
なぜそう思ったかと言うと
SEB169のあの曲聴いたら似てたので

No title

>DANCE~
169のアノ曲ってWELCOME TO THE BEACH/ YELLOWFINのことですよね?
ライナーにはNUAGEの別名義とありますが、この曲一回限りの登場となると、
その話ってホントなの?なんて思ってしまいますよね(笑)

かなり似てますよね、この声。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
HEY,YOU目当てにvol.12を購入。TO BE YOUR ANGELとかすっかり忘れてたなー。とりあえずFORMULA1最高。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索