FC2ブログ

TRD1344

うーん、元々自分は雨男と自覚しているのですが、昨日今日と本当に天気運が悪いというか。
午前中あれだけ晴れていればまさか雨なんて降るとは思わないって(苦笑)
雨が降ってから気温がグッと下がって外出た瞬間「寒っ」なんて思ってしまいましたが、よく考えればもうすぐ11月なんですよねー…って言いながら家では半袖半ズボンなんですけど(だからカゼひくのか)
今日は秋にピッタリなこの一枚。


PA270010.jpg

LADY BUG/ SILVER
(SPAGNA-DALL’ORA-GELMETTI-CASTAGNA)
A-1 EXTENDED MIX 6:30
A-2 ACAPPELLA 1:00
B-1 RADIO EDIT 2:54
B-2 INSTRUMENTAL 2:16
B-3 DUB MIX 2:30

ON MY OWNをはじめ密かに?名曲の多いSILVER名義。
この時期はACCATINO-RIMONTI-GELMETTI組が元気だったのでこの曲もその辺りの面々が制作にあたっていると思っていましたが…制作はまさにいまや実現不可能、滅多にお目にかかれない4人が担当(ちなみに後発のIN THE DARKも超豪華(笑))

最近の佐川急便のCMでも使われていた(ような気がする)サンプリングから始まる本作、静かなイントロからのリフは一つ一つの音が割合はっきりしたフレーズによって構成されており同時期のSEX AND DANCE/ FRANK TORPEDOほどではないにしろ勢いのある、ダイナミックな仕上がり。

一呼吸置いてから始まるヴォーカルパートはON MY OWN辺りと同様、バック控えめ、vo.を際立たせる作りとなっておりメインと女性コーラスでヴォーカルに幅を持たせる点、より哀愁度を感じさせる点においても同様。
ただこのLADY BUGの場合、そうしたメイン&女性コーラス以外にもう一つやや4拍の枠を突き崩したような男性コーラスが付いており、上記のような幅や哀愁度に加え賑やかさ、流れるようなパートの切り替えに一役買ってくれています。

インストを聞くとよく分かるのですが、バックは終始淡々とした作りで主張の主の字もなく正直聞いていてあまり面白くない代物(^^;)ただこれにメイン、女性コーラス&コーラス2が入るだけでそこで感じたような単調さ、退屈さがまるでなくなるから不思議。
流れ落ちるような作りのサビパートもバックにコーラスやハミングを敷いているおかげもあって哀愁楽曲でありながら非常に賑やか。
軽くALL MY LOVINGをかすめるようなサビの出だしや聞き手の不安を煽るような締め部分“GO”の叫びがお気に入り(笑)

たしか以前も同じようなことを書いた記憶がありますが、最近はホント男性哀愁楽曲が減ってしまった印象。いや最近と言うよりはSEBで言えばvol.70辺りを前後してガクッと減ってしまったと言った方が正しいのかも知れませんけど。
制作者的にもこういった路線の作品を作るのはやっぱり難しいのでしょうか。


WBC原監督確実、巨人オーナー前向き

何となくあの死にぞこないの老害の思惑がチラつくこの人選。
個人的に原に采配の才があると思えないのが正直なところで、一応はリーグ優勝も果たしましたが、それは原のおかげと言うよりはあの金にものを言わせた選手達のおかげだったと思いますし、原じゃなかったらもっとすんなり優勝できていたような気がします(だからって堀内はNG(笑))

野手出身っていうのも理由の一つなのかも知れませんけど、あの原の中途半端な投手起用法、KYな投手交代とかを見ていると果たして本当にWBCという世界を相手にする舞台で通用するの?なんて思ったりも。
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
外国人がいないだけで人の多さは以前と同じくらいになってきた気がする@秋葉原

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索