FC2ブログ

MAHARAJA NIGHT THE BEST 20の感想

今度のMGSは箱○発売だと思っていた人、挙手!(ビシッ!)
いやいやいやいや…緑字にあのマークと来たら誰だってXBOX360を予想するって。
まさかのiPhoneでの発売であのコハク様好きの管理人さんも茶吹くに違いない(笑)

というわけで今日は昨日購入したMAHARAJA NIGHTの話。
大方の予想通り単なる曲への感想集になってしまったので、お暇な方だけ以下よりどうぞ。
1.INTO THE NIGHT/ MASARU NARITA
(M.DE SAN ANTONIO-PIERRE MICHEL NIGRO-MARIO GIUSEPPE NIGRO)
初っ端を飾るのはMICHAEL FORTUNATIではなく成田勝氏のINTO THE NIGHT。
ちょっと笑ってしまうような歌詞は置いといて(笑)、クセのない歌声でこちらのカバーver.も本家に負けず劣らずの聞きやすさ。
後にカバーのリメイク(カバー?)のINTO THE NIGHT2000(2001ver.)や(OZONver.)なんてのもリリースされましたね。サイレン、サンプリング、ピッチアップに掛け声有りとかなり面白い内容でしたが歌い手が若干媚び気味なのでオリジナルや成田ver.に聞き慣れてしまっていると馴染めないかも(苦笑)
-----------------------------------------------------------------------------

2.SO MANY MEN, SO LITTLE TIME/ MIQUEL BROWN
(I.LEVINE-FIACHRA TRENCH)
今回はSERCHIN’/ お母さんとのセットは無しなのね(笑)
前曲ギターからの流れ、安っぽいパーカッションに時折入るピアノフレーズ、そしてカウントボイスと勢いのあるイントロ部分がお気に入り。ハリのある歌声が炸裂した本編も当然聴き応え満載、ソウルフルな後半部分のアドリブ歌い回しがツボ。

そう言えばSEBvol.63収録HI-HI FRANKENSTAINのサンプリングってこの曲のイントロから抜いているんでしょうか?
-----------------------------------------------------------------------------

3.MUSIC IS MY THING/ SAMANTHA GILLS
(F.DE WULF-JOHN SOULI)
以前にも聞いたことがあるような無いような…いやこれだけ素晴らしい曲なら覚えているはずなんですけど(となるとやっぱり初聞きなのかしら)
暖かみのあるイントロから、それを全く壊さないノビのある美声、踊るようなピアノフレーズをバックに従えたサビはタイトル連呼の王道スタイルで分かりやすく◎。

昔買ったアルバムに収録されていた記憶もあるんだけど(またあの瓦礫の山と格闘かよ(苦笑)
-----------------------------------------------------------------------------

4.YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW/ LORRAINE McKANE
(BELL-CREED)
原曲は、ギャツビーもとい“愛がすべて”でお馴染みTHE STYLISTICSのナンバーで邦訳は“誓い”。ちょっと愁いを帯びたメロディと爽やかな歌い出しとのギャップ、中盤でワンクッション置きながら再び愁いを以て加速する曲展開が秀逸。
オリジナルを聞いてみましたが、これでもかっ!ってぐらいBPM違うんですね^^;ソウルと言うよりはゴスペルに近い、落ち着いたスタイルでこちらのテイクもまた違った趣。
-----------------------------------------------------------------------------

5.GIVE ME UP/ MICHAEL FORTUNATI
(DE SAN ANTONIO M.-NIGRO  PIERRE-NIGRO  MARIO)
個人的にMICHAEL FORTUNATIといえばINTO THE NIGHTかINTO THE NIGHTかなんですが。1曲目と同作家陣で曲調も似ていますが、こちらの方がより聞かせるという点に重きを置いているような感じも。後半部分、フォウ!で弾けた後のミソ部分も堪りませんw

より洗練された、MARK FARINAプロデュースのセルフカヴァーver.(2002年)なんてのもありましたね。
-----------------------------------------------------------------------------

6.GIPSY QUEEN<M.I.D.DJ MIX>/ SHIHO
(MICHELLE HART/ 作曲:林 哲司/ 編曲:丸本 修)
歌い手は志穂さん。たしかデビューシングルがこの曲だったような…(うろ覚え)
ちょっと頼りなさげなシンセフレーズと哀愁メロディの相性は抜群、やや媚びたヴォーカルの歌い回しはもちろん、“アイアイ…”や“マ、マ、マ、マンマミーア”など哀愁なのにキャッチー。この辺のギャップが好き。
それにしてもwiki見ると、その後は色々と凄い人生送っているんですね(笑)
-----------------------------------------------------------------------------

7.FLY TO ME/ ALEPH
(B.BELLINI-M.FARINA-M.MANZI)
IN YOUR EYESに続く本作は日本でのデビュー作にあたる作品(会長のページ参照)
ちょっと初々しさ?の残る、今とは異なるDAVEの歌声にバックで呼応するメロウなサックスフレーズのコンビネーションがひたすら耳に心地よく、ダイナミックなリフと合わせて終始ど派手に展開。
個人的にはFIRE ON THE MOONよりはこちら派。
-----------------------------------------------------------------------------

8.JIVE INTO THE NIGHT/ GREEN OLIVES
(S.PORTALURI-F.ZAFRET)
THE BEST OF DISCO 80’Sで初めて聞いた時にそのあまりの素晴らしさに鳥肌が立ったのがこの曲。前曲からのカウントボイス+スクラッチからの怒濤の流れ、更には超激キャッチーなJIVE×3フレーズをはじめとする高揚感溢れるサビ、そして締めの“THAT’S ALL RIGHT!”でお腹一杯。
起承転結のしっかりした曲で今聞いても全く色褪せない名曲。
-----------------------------------------------------------------------------

9.EVER&EVER/ VENICE
(M.FARINA-G.CRIVELLENTE)
前曲からのカットイン繋ぎはちょっと唐突(^^;)
MAHARAJA NIGHTvol.FINALのラストを飾った本作ですが、トリに収録されるだけあってそのクオリティも折り紙付き。どこまでも景気の良いリフに始まり、Aメロ・Bメロで軽く転調したかと思えばサビで再び明るく盛り上げるスタイル。
この手の明るさは最近のFARINA様が作る作品にも時折、垣間見ることが出来るような気がします。
-----------------------------------------------------------------------------

10.TELEPHONE OPERATOR/ PETE SHELLY
(PETE SHELLY)
上の曲までは一応EUROBEAT(というかHI-NRG)という区分けで良いんでしょうか。
しかしこの曲はどの辺に分類すれば良いんでしょうか…全編バックにギターを敷き、一貫してダークな曲調、押し殺したようなヴォーカルを軸に攻め上げる。
異色、異端なんて言葉がピッタリな雰囲気で、そうした暗めな雰囲気の中でvo.の笑い声のようなフレーズやコーラス、後半部分のちょっと牧歌的な感じすらする間奏部分等もあったりして、激しい中にも笑えるポイントがあり何とも言えない妙味を醸し出しているかと。

この曲を聞いていたらRIGHT NOW/ DARK ANGELSを思い出した(笑)
-----------------------------------------------------------------------------

11.GET READY FOR THIS/ 2 UNLIMITED
(R.L.SLIJNGAARD-P.WILDE-J.P.DE COSTER)
ここからテクノゾーンに突入。年代も80’sから90’sに。
2 UNLIMITEDのデビュー作でもある本作はイントロから、いかにもテクノ然りとした音色で始まり(TOKYO GO!的な音色というか(笑))、前半男性声でまくし立て、後半は清涼感あふれる女性vo.を絡めてまとめる展開が聞き所。
-----------------------------------------------------------------------------

12.THE MUSIC IS MOVIN’/ FARGETTA
(M.FARGETTA-M.PERSONA-G.BORTOLOTTI-L.CAPELLA-D.LEONI)
@社のCDに何度か収録されているにもかかわらず聞いたのは今回が初めて(聞いたけど忘れている可能性大(^^;))
こちらも初っ端からギター全開でアグレッシヴな展開。ただヴォーカルパートに入ると一転、タイトルコールのリフレインでだいぶ落ち着いた雰囲気に。この辺の洗脳気味の(失礼)繰り返しはユーロビーター的にはちょっと厳しいような気もしますが…
-----------------------------------------------------------------------------

13.TEKNO SHOK/ HARSENIKO
(ROSELLINI BRUNO-BALLO DANILO-PUMA BIAGIO)
とにもかくにも“TEKNO SHOK!”。実にキャッチーなフレーズで思わず一緒に叫びたくなるほど(叫ぶなら家の中で)
たしかHYPER TECHNO MUSEUM 2001には横商REMIXもあったような…EUROBEATではこのTEKNO SHOKを冒頭から使っちゃった曲もあったような>MALTESE(笑)
-----------------------------------------------------------------------------

14.GONNA BE ALRIGHT/ 2ND FUNK-TION
(2ND FUNK-TION)
本作は2ND FUNK-TIONこと冬野竜彦さんの作品。ユーロではFIRE DESIRE/ LESLIEfeat.RICK WILDやHOLY NIGHT/ MICHELLEでもお馴染みのあの御方。
高音域の女性ヴォーカルによるタイトルコール、激しい曲調とは真逆の澄んだピアノ伴奏、更にはダイナミックなシンセフレーズと各パート色分けがしっかりしており非常にメリハリのある作品。
こちらはTHE BEST OF SUPER EUROBEAT 1995のアノ曲にサンプリングとして使われてました(笑)
-----------------------------------------------------------------------------

15.U&ME<B4 ZA BEAT REMIX>/ CAPPELLA
(L.CITTADINI-C.PICCINELLI-G.BORTOLOTTI-L.CAPELLA-D.LEONI)
こちらもTEKNO SHOK同様、メインとなるフレーズは覚えやすく、つい口ずさみたくなるような魅力があります。ただオリジナルは聞いたことがないのでどの辺がREMIXされたのか分からずじまい(^^;)

一晩かけてやっと思い出しましたが、この曲、EBFvol.17収録YOU AND ME/ LUCKY BOYでサンプリングとして使われてましたね(どうりで続けざまにTOGETHER FOREVERが歌いたくなるわけだ(笑))
-----------------------------------------------------------------------------

16.KING AND QUEEN/ KING&QUEEN
(LEONARDI-CONTINI)
ここから再びEUROBEATゾーン。もう説明するのも今更といった気もしますが、本作はK&Qのデビュー作でタイトルもそのまんまKING AND QUEEN。ディスコをテーマにした歌というのは本作が一番最初なんでしたっけ?
今回はFRIDAY NIGHTver.での収録となっております。

この曲聞いた後にGO GO GO BABY GOを聞くと何というか“あぁ…”なんて気分に(苦笑)
-----------------------------------------------------------------------------

17.HOT LOVE&EMOTION/ VIRGINELLE
(HINOKY TEAM)
というかこの辺の曲全部、説明とか要らないような(笑)
今年のリクカンこそランクインしませんでしたが、リクカン常連曲の本作(9回)
その結果も納得のクオリティで厚みのあるシンセで構成されたリフに弾けるような歌声、Bメロで一度哀愁路線に傾きつつ、サビに入ればリフ同様の盛り上がりを見せる展開でどこをとっても非の打ち所のない仕上がり。
個人的にはSPECIAL CRAZY MIX以上にTHE BEST OF MAHARAJA NIGHT 1993のテイクが好きでした。

SEBvol.194では久しぶりにこの名義復活と相成るわけですが、その出来映えは果たして…
-----------------------------------------------------------------------------

18.DARK IN THE NIGHT/ MAIO&CO.
(L.GELMETTI)
全然関係ないんですけどこの間からDARK IN THE NIGHT<SPECIAL CRAZY MIX>(X-0000002)を買おうかどうか迷ってるんですよねー反り有りで5800円って言われても困っちゃう(^^;)購入された方いらっしゃいましたら、是非ともどんな感じのREMIXだったか教えて欲しいですw
曲の方ですが、テクノ明け、17曲目の時点から繋ぎが人が変わったように激しくなっているんですよね(本当に違う方が繋げたのかしら)
次曲への繋ぎ直前のピッチ上げが、今まで聞いたことのない手法でクセになります。
-----------------------------------------------------------------------------

19.HE-HEY DANCIN’<T.Y.M.REMIX>/ KING&QUEEN
(A.CONTINI-A.GATTI-A.LEONARDI)
16曲目に続いてのディスコ系ソングの本作は本家MAHARAJAを歌った作品。
今回は裏打ちハイハットでお馴染みT.Y.M.REMIXでの収録でサイレン・各種サンプリングも加わり更に激しい展開に。
28秒辺りは叩き&リバースで微妙に元のREMIXとは違ったりも。
-----------------------------------------------------------------------------

20.MAHARAJA NIGHT/ LOU GRANT
(S.DALL’ORA)
というわけで最後はそのものズバリでMAHARAJA NIGHT。
ここまでストレートなタイトルだとそれ相応のクオリティが求められるわけですが、我らが親父はそれをいとも容易くクリア。親父単独作品でありながら決してベタベタな作りではありませんが、イントロの都市コールとか聞くとやっぱり独りで作ったんだなって感じも(笑)
アグレッシヴでありつつきちんとキャッチーさも兼備で文句なしの1曲。

ただ疑問なのがHE-HEY DANCIN’はT.Y.M. REMIX使って、この曲は使わなかったのかということ(せっかくなんだから使えば良かったのに)


前回のTWINSTARと違って弄りほぼゼロ、レア音源が収録されているわけでもないのでややお買い得感は薄いですけど、最近ほとんど収録されない選曲で懐かしい気分が味わえ、サイレン&サンプリングでマハラジャ的な雰囲気が味わえ、加えて1月30日のイベントの入場無料券が付いて1500円なのだから十分お買い得ではないのでしょうか。

個人的に繋ぎはBUNTAさんにやって欲しかったなんて気も無くはないのですが。
とりあえずJIVE INTO THE NIGHTが聞けて大満足ですじゃ。



こちらが4曲目の原曲。BPM差は一体いくつぐらいあるのでしょうか?(笑)
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
外国人がいないだけで人の多さは以前と同じくらいになってきた気がする@秋葉原

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索