FC2ブログ

TOKYO AUTO SALON 2009のレビュー&感想

SEBvol.194のテーマがLOVE&SWEETSなのに実際は哀愁というのは恐らく担当者の経験談から、なんてことを講義を聴きながら思いつく(なんて失礼な(笑))
iTuneのMEGA NRG MANは嬉しいですけど、いい加減TIMEの配信がないことに軽い憤り。
DALL'ORAさん、JUNOでもiTuneでもいいのでレーヴェル直配信してくれないかしら(切実)

そんなこんなでTOKYO AUTO SALON 2009の新曲レビュー&感想。
2曲目以降はジオングの足みたいなもんです。興味のある方のみ以下よりどうぞ。
1.A NEW DAY/ DIGITAL PLANET B
(S.BRANDONI-ALKOGAN-R.MAJORANA)
CD収録はSEBvol.185収録のTAKE MY DESIRE以来。
クレジットを見ても分かるとおり制作陣は以下vol.191収録の作品同様の新体制なんですが、これまでのDIGITAL PLANET作品同様クレジットにはS.BRANDONIさんの名前は健在。
一体どこまでがDJ GUNの弄りでどこからが原曲の仕様なのかイマイチ分からないのですが、冒頭はクリスマスに合わせたのか?幻想的なフレーズからスタート。53秒前後からタイトルコールを交えた叩きを経てからリフが始まるのですが、たしかに新体制ということでシンセ音は以前のモノとは違い軽さとは無縁の代物。

ただ続くINTO THE GAMEと比べると音数が少ないのか、重厚というわけにはいかず若干の頼りなさも。ただ重厚になりすぎなかったせいかフレーズには軽快さがあり、GO GO’SからリリースしたMNMの楽曲のようなちょっとポップなメロディラインに合わせ、とにかく忙しく動き回る作り。
Aメロを聞く限りいつものデジプラらしさは皆無、至って普通のA-BEAT作品といった様相ですがBメロから徐々にいつもの“らしさ”が増していき、サビでのタイトルコールでそれはマックスに(笑)
“NEW DAY”の譜割自体はSANDY BEEのモノとさして変わらないのですが、音程が均一であるせいか何ともやるせない感じに。ややバックに遅れ気味な歌い回しもイイ感じにデジプラっぽく、このメリハリの効いたバックと気怠い歌い回しの対比・ギャップが個人的にお気に入り。
ノンスト収録なので実際のBPMがどれほどなのか分からず、正直このBPMに助けられている部分も無きにしも非ずなんですが、新体制になっても相変わらずの煮え切らなさはそのままで一安心、クセもなく聞きやすい1曲かと。

タイトル繋がりでアノ曲をサンプリングに持ってきていますが、敢えてサビフレーズではなくイントロフレーズを持ってくるセンスに脱帽。良い仕事してます(笑)
-----------------------------------------------------------------------------

2.INTO THE GAME/ POWERFUL T.
(ALKOGAN-R.MAJORANA)
SEBvol.191収録、新生A-BEATのうちの一つ。名義が変わるだけで、ここまで(それこそまるで別人のように)音が変わってしまうことに驚き(笑)
今回は右寄せギターソロスタート、ヴォゴーダーエフェクトを絡めた繋ぎ部分が新鮮。
-----------------------------------------------------------------------------

3.NO RELIGION/ ACE WARRIOR
(G.PASQUINI-L.RAIMONDI-F.CONTINI)
実際この辺から復調は窺えた訳なんですが、振り返ってみれば長い長い不調という名のトンネル。ところどころに入る妙に甲高いシンセ音さえなければ…
こちらも冒頭すぐにギターソロあり。
-----------------------------------------------------------------------------

4.THE WORLD IS YOU/ MR.M
(G.GAMBOGI-S.DALL’ORA)
たしかSEBで聞いたときはあんまりピンと来なかった覚えがあるのですが…(^^;)
若干ピッチ上げるとかなり良く聞こえてくるから不思議。何ともやるせないリフのメロディとしゃがれvo.の荒々しい歌い回しが上手くマッチしており、哀愁ながらも適度にアグレッシヴな点が○。
繋ぎ部分はタイトルコール引き延ばし、バック抜き&叩き、パンニングでかなり賑やかな作り。次への流れも極めて自然。
-----------------------------------------------------------------------------

5.A NEVER ENDING NIGHT/ MICKEY B.
(ALKOGAN-E.MALFERRARI-M.CAPURRO-R.MAJORANA)
INTO THE GAME同様、収録はSEBvol.191。
前曲からの流れで冒頭サビはバック叩き&抜き有り。個人的に直後のBメロ“あっはーん”での抜き、端折ったサビフレーズがお気に入り♪
ただ原曲中盤のミソが今回は無くてちょっと残念。
-----------------------------------------------------------------------------

6.BECAUSE I NEED U/ RENOIR
(R.CIPRO-P.SANDRINI-L.TORCHIANI)
聞けば聞くほど評価が変わってくる1曲。
レビュー時にも言いましたが、当初はSEBに収録する曲かよ?みたいな感じであんまりいい目で見てはなかったのですが^^;トランス調ながらも、きちんとしっかりとしたメロディがあるのが拒否反応の出ない理由なのかも。
-----------------------------------------------------------------------------

7.BURN/ POWERFUL T.feat.ALEX DE ROSSO
(BLACKMORE-LORD-RAICE-COVERDALE)

8.HIGHWAY STAR/ GO2feat.ANDREA MARTONGELLI
(BLACKMORE-GILLAN-LORD-PAICE)
冒頭からの流れを見事にぶった切ってくれたのがこちらの2曲。
SUPER GTの時にも愚痴りましたが、こうしたロックとEUROBEATの相性は(繋ぐという面に置いては)非常に悪いです。
ライヴ形式で一度終わったかと思わせておいて次の曲に違和感なく繋ぐこのスタイルは好きなんですが…裏を返せばどれも似たり寄ったりというか。
ギターは確かに好きですけど、ここまでギター一辺倒だと逆に嫌気がさして来るというか、「もう分かったからいいよ」といった気分になってしまいます、正直に言うと。
-----------------------------------------------------------------------------

9.WAIT FOR YOU/ ACE
(T.JACKSON-M.S.ERIKSEN-T.E.HERMANSEN)
逆にロックからこの手の曲調への繋ぎはもの凄く自然(笑)
そう考えると中途半端なところにロック楽曲を置くのではなく、かつてのMAHARAJA NIGHTよろしく、前半ロック→後半ユーロビートという収録形式の方が良いのかしら。 
曲の方はSEBvol.192収録の名曲。冒頭のアカペラ+ピアノ伴奏が堪りませんw
-----------------------------------------------------------------------------

10.LET ME LOVE YOU/ DA BUZZ
(PER LIDEN)
てっきり同名曲のユーロビートアレンジだとばかり思っていましたが、原曲そのままで収録。@社のサイトでスウェーデンNO.1ポップグループと評されていますが、そんなうたい文句も納得のハイクオリティな仕上がり。
澄んだヴォーカルを軸にバックに軽快なアコースティックギターを従え小気味良くサビまで展開。サビに入るとヴォーカルは一層力強さを増し、吸い込まれそうなほどの爽やかさを以て景気よく盛り上げるスタイルで、どこかHEAVEN IS A PLACE ON EARTH辺りに通じそうな所も。
中盤のピアノを交えたブレイクパート、直後のキーを上げたサビパートがお気に入り♪
-----------------------------------------------------------------------------

11.NEVER<EUROBEAT ROCK VERSION>/ HEARTCLUB
(KNIGHT-WILSON-BLOCH)
EUROBEAT ROCK VERSIONということは必ず原曲があるわけで、聞き比べてみようと思いver.名だけ外して検索したのですが、一向に引っかからず。検索ワードを変えたり、クレジット込みで検索かけたりと色々やってみた結果辿り着いたのがNEVER/ HEART。
原曲を歌うHEARTはNANCY WILSON、ANN WILSONの姉妹がメインのユニット(wiki見るとかなりのメンバーチェンジ、バンド名変更を繰り返してるのね)、原曲リリースは1985年、全米4位記録。
曲の方ですが、さすがEUROBEATと銘打っているだけあってユーロビート然りとした作り。アレンジ担当はやっぱり?MARK FARINA&THE FACTORY TEAMで随所に3Bらしさ溢れた仕上がり。
テンポを上げたせいでAメロの歌い出し部分がちょっと人間離れしちゃっていますが(^^;)概ね原曲の雰囲気そのままのテイクとなっているかと。
-----------------------------------------------------------------------------

12.BEAT!/ OVERHEAD CHAMPION
(OVERHEAD CHAMPION)

13.BE THE ONE/ OVERHEAD CHAMPION
(OVERHEAD CHAMPION)
オバチャン2連発。どちらもピアノ伴奏の静かな入りとほとんど同じ作りなので、初めて聞く分にはどこで曲が変わったのか分からないほど(笑)
BEAT!の方で使われている“Party people in!”サンプリングはついこの間まで鬼玉月曜日のガリガリパーティーで使われていたのでかなり耳馴染みがあるのですが、元ネタはどの曲なんでしょうか?
-----------------------------------------------------------------------------

14.MOVE YOUR LOVE<SHOHEI MATSUMOTO REMIX>/ SEAN&KIM
(B.CLASSEN-B.GROBLER-R.JANSSEN)
-----------------------------------------------------------------------------

15.IN THE SILENCE<BASS SLAMMERS REMIX>/ EMANUEL,McCALLfeat.RITA CAMPBELL
(-)

16.KEEP WARM<STOMPIN SYSTEM REMIX>/ JINNY
(V.CREMONINI-A.GILARDI-A.HINTON)

17.WITHOUT YOU/ LIZ MEYER
(COLLINS-GIBBINS-HAM-MOLLAND)
この辺も相変わらずトランスゾーン。一つ思ったんですがトランスはピアノがお好きなんでしょうか?上のオバチャン2曲やこの3曲それぞれやっぱりピアノが使われてますし。
この中ではメロディ要素強めのWITHOUT YOUがお気に入り。
-----------------------------------------------------------------------------

18.LOVE YOU TONIGHT/ DJ KAYAfeat.KEEN
(DJ KAYA-PER LIDEN)
-----------------------------------------------------------------------------

19.P-MACHINERY MEDLEY WITH RELAX/ P.4.F.
(MARTENS-DORPER-BRUCKEN-GILL-JOHNSON-O’TOOLE)
ここから一気に80’s。
初っ端を飾るのは1986年リリースのP.4.F.ことPROPAGANDA FOR FRANKIEのナンバー。今回初めて聞きましたがタイトルにRELAXと付いているだけあってアノ曲が紛れているのね…と思ったら実際はRELAX+P.MACHINERYだったようで(書いていて訳分からなくなってきた(^^;))
後半のリフ部分はASIAでこんな感じのがあったような???
-----------------------------------------------------------------------------

20.JUST ANOTHER KISS/ THE FLIRTS
(B.ORLANDO)
三人娘のグループと聞いても、この曲だけだと一人で歌っているような^^;
ちょっと意表を付くようなベース音、単音メインのややチープながらも物悲しいメロディラインが印象的。リフ終わりの一瞬の間やコーラスを交えて段々深みの増していく展開がこのテンポと合わせてお気に入り。

ただノイズがちょっと酷い…上の曲も下の曲もアナログ音源ですが、この曲は最後のタイトルコール部分で思いっきり“ブツッ”って入っちゃってます(苦笑)
-----------------------------------------------------------------------------

21.WHISPER TO A SCREAM/ BOBBY O
(B.ORLANDO)
BOBBY O繋がりでもう一曲。上の曲とは打って変わってオープニングからインパクトのある音色で構成され、メランコリックでありつつ非常に力強い男性vo.が曲を引っ張っていく作り。タイトルにWHISPERとあるせいか前半はかなり抑えた歌い回しなんですが、進むにつれてどんどん情熱的な歌い回しになっていく部分がお気に入り♪ラッセーラ!
-----------------------------------------------------------------------------

22.IN THE NAME OF LOVE/ FINZY CONTINI
(BALDONI-ROSELLINI-MORONI)
古き良きユーロビート…と言うよりはハイエナジーと呼んだ方が良いのかしら。
HELP ME/ MELA辺りの流れを汲んだ清涼感溢れる、爽やかな曲調、そして昨今のヒステリックな歌い回しとは違うヴォーカルの落ち着いた歌い回しがお気に入り。
-----------------------------------------------------------------------------

23.U.S.A./ JOE YELLOW
(C.ACCATINO-D.CIRELLE-A.GIOCO-S.LOMBARDONI)
クレジット書くまでM.FARINA-G.CRIVELLENTEコンビの作品だと思っていた自分がここに(MACHO MAN/ MISTER BLACKあたりと混同していたのかも)
思わず一緒に叫びたくなるUSA!はもちろん、サビでの“Come on baby, do it again!”も激キャッチー。MACH8収録U.S.A./ BABBY ONE→ONE SHOT GIRL/ TAM ARROWでも当たり前のように使われてましたね(笑)
-----------------------------------------------------------------------------

24.SHY GUN/ ODA
(C.MORONI-GREEN-L.GELMETTI)
USAからの流れに全くの違和感を感じないのはさすがというか何というか。
冒頭部分は前曲のリフ乗せフレーズを模した作りとなっており、ますます違和感のない作りに。心地よいリズムに耳当たりの良いシンセ、ちょっとイレギュラーな展開ながらも1,2,3!の掛け声で突入するBメロ~サビの作りも分かりやすくて好き。
前々から気になっていたのですが、何でGELMETTIさんはこの時期(SEBvol.99)にこうした曲調の作品を作ろうと思ったんでしょうかね?前後見渡してもこの手のハイエナジー路線の作品はこのSHY GUNぐらいですし。
-----------------------------------------------------------------------------

25.WNGS OF FIRE/ JEE BEE
(C.ACCATINO-F.RIMONTI)
鼻血HI ENERGYに続くJEE BEE名義の2nd。
初期の頃の粗さは影を潜め、また曲調はキャッチー色抑えめの正統派路線。何だか色々と凄かったAMKULADE REMIXやSEBvol.175で散々ネタにされまくった邦人カバーなんてのもありました(笑)

全然関係ないですけど最近この曲のアナログを購入(サンプリング目的でですけど)
気が向いたらアナログレビューで紹介する予定。
-----------------------------------------------------------------------------

26.EVERYBODY DANCE/ LOLITA
(G.PASQUINI-S.OLIVA)
CD初収録はたしかEROMACHvol.7。個人的にBABY BABY BLUE合わせどうもSEBに収録された作品と比べるとパンチ不足、多少の物足りなさを覚えていたりも。ただ今回は結構派手に弄ってあるのでそうした物足りなさはほとんど感じず。DJ GUNらしいサンプリングや、繋ぎ直後のつんのめるようなリフ叩き→変型Bメロ辺りが新鮮。
-----------------------------------------------------------------------------

27.MADE OF FIRE/ NIKO
(A.LEONARDI)
MACH繋がりでMADE OF FIRE。この曲だけでなくCD全体、一体どういう基準で選曲したのか全く見当が付かない訳なんですが(笑)
リフ叩き、ちょっと短めの収束音+爆発音ありで冒頭からかなり賑やかな作りですが、Bメロの変型パートの織り交ぜ方はちょっと腰砕け気味で微妙。
繋ぎ直後バックにNIGHT OF FIREは…被せてないか^^;
-----------------------------------------------------------------------------

28.KISS ME DIVINE/ MARK FOSTER
(M.FARINA-F.SERRA-G.CRIVELLENTE)
今年の年末BESTにも収録され聞く機会もかなり増えましたが、聞く度にこのノッペリしたリフさえどうにかしてくれたら、なんて思ったりも。それ以外のヴォーカルパートは文句なしにお気に入り。
-----------------------------------------------------------------------------

29.GIVE ME ALL YOUR LOVE/ POWERFUL T.feat. ALEX DE ROSSO
(COVERLADE-SYKES)
7,8曲目と違ってこういう曲調だとユーロからの流れも凄く自然。
以前のレビューにも書きましたが、この独特なリズムの取り方がクセになります♪
-----------------------------------------------------------------------------

30.PLEASE DON’T LEAVE ME/ GO2 feat.ANDREA MARTONGELLI
(SYKES-LYNOTT)
またこの曲がエンディングかよ、なんて思ってしまいましたが、相変わらずのエンディングにピッタリな仕上がりでそんな不満は一瞬にして消滅(笑)
いつものようにアカペラ状態からそのままフェードアウトかな?と思わせつつ、歓声音→もう一度サビワンフレーズ繰り返しというドラマチックな展開で大満足!(歓声音サンプリングも取れて二重に大満足w)
-----------------------------------------------------------------------------

31.OPEN YOUR EYES/ A-CLASS
(SHOHEI MATSUMOTO-CHIKAGE-TOFFY SAWADA)
クレジットのTOFFY SAWADAさんはSEBvol.170~vol.178までのSEBのディレクターを担当された方(vol.178のみVANITYさんと併記)この頃からSEBのディレクターがコロコロ変わり始めたような気がしますが…
曲の前にまず言いたいのが音量!CD買った方なら分かると思いますが、これ上のノンストとの音量差かなりありますよね?若干違う程度ではなく、思わず「うるさっ!」なんて叫んでしまいそうなほど音が大きく、事実、ヘッドフォンで聞いていた自分は叫んじゃいましたよ(苦笑)
でやっとこさ曲の方ですが、基本的にユーロビートタイプの展開でありながらリフ部分の音はトランス調で感じとしては本編にも収録されたBECAUSE I LOVE U/ RENOIR辺りに近いかも(いやどちらかと言うと一時期のGO GO’Sっぽいかも)
1コーラス目からAメロはバック弱めでかなり落ち着いた雰囲気なので一瞬「うん?」なんて思うのですが、ここで抑えたせいかBメロからの巻き返し、加速度は相当なモノで、その勢いのままサビに突入。
サビはバックにピアノ伴奏や収束音をはじめとするSEを敷いているせいかとにかく賑やか、突き抜けるような爽やかさでBメロから頭打ちになることなく最後まで突っ走る展開がお気に入り。中盤のピアノオンリー部分も堪りません(笑)

おそらくはメンバー6人でパートごとに歌い分けているんでしょうか、概ね歌唱力に問題は無いと思います一部分を除いて


まぁーとにかくよくもこんなにも多彩なジャンルの曲を集めてきたな、と。
新しいのから古いの、遅いのから早いのまで、これ一枚で様々な音楽を体感できるので普段ユーロビートしか聞かない耳には凄く新鮮に聞こえました。
ただやっぱり繰り返しになりますがロック楽曲の扱い、繋ぎには再考をうながしたいところ。ロックはロックで前半なり後半なりにひとまとめにするとかしないと、流れぶっちぎりまくりですし…と言うかそもそもロック楽曲は繋ぐのに不向きなのかも知れませんが^^;

以下はLET ME LOVE YOU/ DA BUZZ のPVとNEVER/ HEARTの原曲。
どちらも素晴らしい作品です。




関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
お盆前なんでなかなかテレワークという訳にもいかず…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索