カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HRG140

今年の箱根駅伝は東洋大が初優勝だったり明大がシード権獲得したり、順天堂と駒沢が全然ダメだったりと色々と波乱ずくめの展開で非常に面白かったですね。
棄権が城西大学のみでそれ以外のすべての大学が繰上スタートもなく最後までたすきを繋ぐことが出来たっていうのは結構珍しいかも。

自分と同い年の方が多く走っているからついつい例年以上に感情移入しちゃったのかもと思いつつ今日はこの一枚。


P1030062.jpg  P1030063.jpg

BAZOOKA MAN/ GARCON
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
A-1 EXTENDED MIX 5:40
A-2 ACAPPELLA 2:00
B-1 RADIO EDIT 3:15
B-2 INSTRUMENTAL VERSION 3:20
B-3 LAST VERSION 2:00

本来なら丑年一発目という事でMAD COW/ FRANZ TORNARDO辺りをやった方がしっくり来たんでしょうけど、既にやっちゃったので今回はエナアタの初代キーワード“BAZOOKA”を冠したこのナンバー。
初期の頃のエナアタ男性楽曲と言えばDOC.JEKYLL-MISTER HYDEや同CD(EBFvol.7)収録のI’LL KISS YOUといった曲のように女性楽曲に比べ硬派な、TIME期の延長線と言った作品が多かったのですが、男性楽曲の方も徐々にミーハー路線の曲が増加。
「Bazooka man?Let me see」とちょっと挑戦的な女性の語りから始まる本作。
薄くサイレンを敷いたイントロを経て始まるリフはこれまでの作品同様キーの高いシンセで構成されているのですが、そのシンセが若干タイトめになったせいかより洗練された感じになっており、前作BATMAN IS BRUCE WAYNE以上のミーハーさを実現。
荒々しさは少々抑えめですが、フレーズが常に忙しく動き回っているので何か物足りなさを覚えると言うことはなく、程良いチープさと合わせて非常に耳に馴染みやすい仕上がり。

リフの音色はやや軟化したとは言えヴォーカルパートは割と真面目寄りの作りとなっており、前作とは異なる男性vo.がテンポ良く歌い上げるスタイル。Aメロ途中からは女性コーラスも参加しサビに至るまでの展開は賑やか、またBメロでの畳みかけるような節回しなどアグレッシヴさにおいてもなかなか。
一時期のTIME楽曲のようにBメロ終わりに一瞬のタメを挟んでからサビへと移るのですが、この一呼吸置いてからという展開がテンポの良さに一役買っており、また起承転結もはっきりし楽曲全体がよりメリハリのあるモノになっておりお気に入り。
サビはタイトル通りこの“BAZOOKA”がふんだんに盛り込まれており、破壊力はもちろんですが、それ以上に特筆すべきはやはりこのフレーズの持つキャッチーさ。
何を思ってこのフレーズを選択したのかは分かりませんが、とにかくこの“バズーカ”という口ずさみやすさはこれまでのヒットワード“BOOM”以上、おまけに本作では“BAZOOKA, BAZOOKA, BAZOOKA MAN!”とお約束通り三回繰り返しており、思わず一緒に叫びたくなるような内容。
この後もSUCK A BAZOOKAやBAZOOKA PISTOLEROなどこの“BAZOOKA”を冠した作品がいくつもリリースされてきましたが、そのいずれもが口ずさみたくなるような魅力を持っている気がします(唯一HYPER BAZOOKA REVOLUTIONだけはそうじゃないと思うけど(笑))

それにしてもノンストに収録されたヤツに聞き慣れていると、いざこのEXTENDを聞くと1コーラス目のサビ→リフ部分や3コーラス目のBメロ→サビ等々タメが無いので逆に違和感を感じちゃいますね(^^;)
中盤のリフ叩きや後半のAメロインストのパンニングなどはやっぱりACCATINOの趣味なんでしょうか。

REMIXはY.SHOU-KAI-R.TASTEが存在(EBFvol.10収録)。個人的にはDAVEの叫び、“アウッ!”サンプリング、サビ前・サビ後のバッチリ決まったこのREMIXも好きなんですが、それ以上にDISC-1収録のバカバカ弄りが大好き(笑)
たぶんこのBAZOOKA→バカの件はこのCDが初出だと思うんですけど、これを発明したB4 ZA BEATはマジで天才!今聞いても笑えますw

他にもサイレン・サンプリング満載で一層の破壊力をもったMAHARAJA NIGHTvol.17のテイクや時代をかなり先取りしたEBFvol.20のBAZOOCOW弄りもお気に入りです(笑

ちなみに初期の頃のエナアタアナログはジャケ裏にVIBと同じように作品の歌詞が載っております。


あれ…たしか元日の更新で文章をもっと短く完結にとか書いたような覚えがあるんですが、早速また長く喋ってしまったワイ(^^;)ほとんど垂れ流し状態で書いているからこういう長文になっちゃうんでしょうけど。。。やっぱり文章を簡潔にまとめるの無理かも(まさに三日坊主)

元旦早々、marjとかいうケータイサイト?のCMのクソ加減、つまらなさ具合にいい加減ウンザリ。
オッサンと女のコント風のCMを見ても何が面白いのかサッパリ、○○大学のミス何ちゃらが出てきて日本語らしいことを呟く方のCMもピザーラのCM以上に薄っぺらな内容でゲンナリ。
放映回数が多いので余計にイライラ。
トヨタがスポンサー抜ける云々で話題になっているけど、現実にそうなったらもっとこんな劣悪なCMばかりになっちゃうのかしら。
結局今年の正月は駅伝以外CMのないNHKかCMの少ないCSばかり見てましたとさ。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。