FC2ブログ

MEGA NRG MAN@iTunesレビューその②

何か今週号のファミ痛買ったら450円もしやがってもの凄く驚いたわ(苦笑)
いつもより80円も高いのはこの2008年に発売された携帯ゲーム機向けソフトを網羅した別冊ファミ通が間に挟んであるからなんですが、それにしたって最近この手の小冊子多くありません?
たぶん覚えている限りでは去年の12月ぐらいからやれ年末年始にはコレだとか、クロスレビュー殿堂入りソフトをまとめた水増し特集だとか、かれこれ5~6冊小冊子付きで特別定価の集があったような気がするんですけど。
そんなに小冊子って人気あるんでしょうかね。

まぁ愚痴はその辺にしておいて今日は予定通りMNM@iTunesのレビュー後半。
いやこちらもちょっと愚痴っぽくなっちゃってはいるんですけど(^^;)
以下、評価ありのレビューなので本当に興味のある方のみお進み下さい。
LADY SAMURAI/ MEGA NRG MAN D
(G.PASQUINI-L.RAIMONDI-T.MARIN)
A-BEATではSAMURAIと付く作品はこれが初めて?女サムライというと風来のシレンのアスカぐらいしか思いつかないのですが(そう言えばMR.LADYなんて曲もあったような)
落ち着いた雰囲気にらしくないピアノを交えたイントロはかなりオシャレで「これは…」と期待は高まるのですが、続くリフでお馴染み薄味シンセが登場しゲンナリ(苦笑)EBF辺りに収録されたTIMEチープ作品にも通じそうな作りで、もういっそこのまま突き詰めてコミカル路線をやってくれればまだ救いがあったような気がします…
続くヴォーカルパートもAメロの変に明るい歌い出し、トーンが一定でほとんど盛り上がらないサビパートとこちらもピリッとしない展開。

タッチの軽い聞きやすい曲と言えば聞こえは良いのかも知れませんが、それにしたっていずれのパートにおいてもインパクト無さ過ぎ。イマイチ。



RED HOT PLANET/ MEGA NRG MAN B
(S.OLIVA-T.MARIN-A.GATTI)
続いてはGO GO’Sからのナンバー。音の感じからして昨日のYOUR LOVE IS LIKE A MEDICINEと同時期の作品でしょうか。
イントロは一瞬、VIDEO GAMES/ DE NIROの様を思わせるようなフレーズに始まり、アナログの音飛びのようなノイズにやや首を傾げつつも、続くリフを聞いた瞬間に歓喜!(笑)最近のGO GO’Sからは想像もつかないような中身ギッシリ、迫力のあるリフでYOUR~でグッと来た人はこちらも同様にイケルはず。
Aメロは何となくウルトラセブンの“♪ウルトラの父がいる”的な(笑)明るい雰囲気で展開しつつBメロに入れば若干シリアス調へとシフトするという流れ。とにかくバックがしっかりしており、常に耳の離せない仕上がり。
一呼吸置いてから始まるサビは直前のパートまでと同様、とにかく厚みのある作りなんですが、個人的にはただ明るいだけじゃなくもう少しアラビアチックな要素を盛り込んでくれれば良かったかもなんて思ったり。
それでもメインvo.、コーラス、更にはバックが一緒くたになって畳みかけてくる勢いの良さはこの名義の作品の中でも5本の指にはいるほど。この明るさも何度も聞けば気にならなくなりそうな予感。

EXTENDEDの尺自体は短いものの2コーラス目Bメロでちょっとアプローチを変えたり、3コーラス目サビタメでギターを織り交ぜたり、他にもYOUR~同様のコーラス乗せリフがあったりとなかなかに聞き応えのある内容。
良いです、この曲。

サビの明るさはSTOP THE PANIC/ OVERLOADに近い…かな?



DDD INITIAL D(MY CAR IS FANTASY)/ MEGA NRG MAN B
(G.PASQUINI-L.RAIMONDI-T.MARIN)
先日も言いましたがこのあまりにもストレートすぎるタイトルに、配信前からずーっと気になっていた本作。もちろん収録が見送られた作品なのでクオリティ的に心配な部分もあったんですけど。
頭Dのことを歌っているんだから冒頭から車SE満載だろうという当方の予想に反し、イントロはかなり落ち着いた雰囲気。そんなイントロを意外に思いつつ直後に始まるリフに耳を傾けてみればどうもパンチ力不足気味のシンセ(^^;)以降に続く最駄期の聞くに堪えないような作品に比べれば全然マシ、いや余裕で聞けるレベルなんですが、アグレッシヴ路線でこの音色は、うーん…メロディラインは↑にも書いたとおりGETTIN' YOU GETTIN' ME同様の爽やかさを併せ持つ作りなんですが、この音色の分だけ損をしてしまっているというか、迫力に欠けてしまっているというか。
一方のヴォーカルパートの方は非の打ち所の無いほど完璧な出来。弾むようなAメロからその流れそのままに加速するBメロ、そしてMISSION IMPOSSIBLE/ 肉まんを彷彿とさせるサビパートはタイトルコールを軸にキャッチーさに溢れ、とにかく最後まで途切れない流れが魅力。

曲そのものは凄く良いんですが、これがもう少し前に作られたのなら更にヤバイ作品に仕上がっていた云々と余計なことを考えてしまうと…(^^;)



BREAK OUT FIRE/ MEGA NRG MAN D
(G.PASQUINI-L.RAIMONDI-F.CONTINI)
この人は本当にFIREが好きなんですね(今回でFIREが付く楽曲は7つ目ぐらい?)
FIREと付くだけあってアグレッシヴ路線だと予想するも、またしても静かなイントロ。2曲続けてMNMにしては意外だなぁなどと思いつつ、ここからこの静かな雰囲気とは真逆の激しい展開が待っていると期待しいざ聞き進めてみれば、リフは例の甲高シンセ(苦笑)何だかエネリー辺りが歌っていそうな楽曲のリフのようで、高速BPMであるせいか深みなぞまるで感じられない作り。
Aメロ以降もさして特徴があるわけでもなく、サビも何とかして盛り上げようとはしているもののどうにも空回り気味。
このテンポに合わせてサクサク歌いこなすMARINの歌い回しは好きなんですけど。



NOBODY LOVES YOU/ MEGA NRG MAN A
(T.MARIN)
さすがに「MARIN単独作は無いだろう、iTuneの登録ミスでしょ」なんて思っていたんですが、向こうで検索してもしっかりT.MARIN単独なんですよねー個人的には確実にDAVEは絡んでいるとは思っているんですけど。
さてそんな珍しい本作なんですけど、音を聞く限り割と最近の作品ですよね?一昨日のレスでも同じことを書きましたけどバックでうなるシンセがウザイと感じないですし(相変わらず酷い表現)
ピアノを交えた控えめな出だしに続いて始まるリフは程良く厚みがあり、このやや抑えめのテンポも手伝い非常に重厚かつ荘厳な仕上がり。勢い、迫力があります。
Aメロど頭の妙なSEに一瞬「うん?」と首を傾げるもリフ同様の雰囲気で、高速BPMの時とは異なるMARINの腰を据えた、しっかりとした歌い回しもイイ感じ。個人的に好きなのがBメロで、ややマイナー調なAメロとシリアスなサビとを上手くつなぎ止めてくれる、この何とも言えない高揚感が堪りません。
バックで鳴っている高音シンセはやっぱり余計だったと思うものの、最後まで手抜かり無く賑やかに盛り上げてくれており、「MNMは高速路線でこそ…」と思っている自分にとってもかなり聞き応えのある作品。

ようやっとこのシンセも熟れてきたといった感じで、今年はALKOGAN、G.PASQUINI側それぞれでかなりの作品が期待できそうですね♪



KEEP RUNNING LOVE/ MEGA NRG MAN D
(L.RAIMONDI-T.MARIN-G.PASQUINI)
時期的にはDDD INITIAL D(MY CAR IS FANTASY)よりちょっと後ぐらいの作品でしょうか、だいたいイントロの雰囲気でどの時期なのか検討付いちゃいますけど(笑)
170番台お馴染み、軽い感じのイントロの次に始まるリフは案の定、高音系のシンセで、もちろんこの後に続く例の音に比べたらまだまだ聞けるレベルですが、それでもやっぱりこの吹けば飛んでしまいそうな軽いタッチの音使いは微妙。
リフが消化不良気味だったせいか以降に続くヴォーカルパートもいまいち盛り上がらずじまいで、アグレッシヴさ、スピード感にも欠け、いつものMNMらしさはどこへやら。
上の作品の後に聞くと余計に物足りなく感じてしまいます。



YOU NEED A FAME/ MEGA NRG MAN C
(T.MARIN-G.PASQUINI)
BPMこそ若干高いもののこちらも一昨日のFOUND LOVEと同系統の作品。
おそらくは140~150番台と同系統のシンセで構成されたリフは非常に厚みに優れ、聞き応えにおいても十分。細かい部分に違いはあるとは言えNOBODY LOVES YOUを聞いたときと同様の印象。
FOUND~でもその珍しい歌い回しについて触れましたが、本作もだいぶ普段とは違った歌い回しをしており、各パート至る所で息が抜け気味であるせいかかなりアダルトな雰囲気。いつもの力強さを残しつつ、全体的に気怠い(それこそNUAGEのような)歌い回しでかなり新鮮。心地よいゆったりとしたバックトラックに合わせサビまでテンポ良く進む展開で、聞きやすさにおいても優秀。

ただFOUND~と違ってサビに入って盛り上がるわけではないので、ややもするとダラダラしたように聞こえ、その分だけFOUND~より見劣りしてしまうかも。
らしくないvo.、3コーラス目の変型サビは○。



FIREBALLS/ MEGA NRG MAN D
(M.MANZI-T.MARIN-G.FOGLIA)
FOGLIAさん。DELTA設立前はSINCLAIREとともにA-BEATに在籍してましたし、その伝で出戻ったと言うこともなきにしもあらずとは思うのですが、実際はどうなんでしょうか(SSと掛け持ち?)
さてそんなFOGLIAさんが制作に携わったからかどうかは分かりませんが、以前とは若干タッチの異なるシンセが新鮮…と書きたいところですが、メロディラインはほとんどNEW GUNFIRE/ MARK&THE FACTORY TEAMそのまんま(苦笑)何だか気の抜けたNEW~を聞いているようで終始物足りなさが。
ヴォーカルパートもちぐはぐなリフ→Aメロの切り返し、いまいち力の入らないBメロとリフ同様微妙と言わざるを得ない出来なのですが、一方のサビはなかなか良く、口ずさみやすいタイトルコールに若干の哀愁要素を加味したアグレッシヴさとまさにMNMの王道路線。

これが例の分厚い音で作られていたらかなりの作品に仕上がっていたでしょうに…
FIREBALL/ ACE WARRIORと比べたらやっぱりACE WARRIORの方を選んじゃいますね、私は(^^;)
FOGLIAさんの趣味?っぽい曲の締め方は好きですw



これで未収録16曲すべてをレビューしたわけになるのですが、気に入っているのは以前にも書きましたがSUPERSONIC、GGMからの2曲、NOBODY LOVES YOU辺り。
ちょっと惜しいですけど頭Dやローテンポの作品もそれなりに。

ただそれ以外の作品はちょっとコメントに困るような作品ばかりで。
薄味軽さ120%シンセによるリフ部分は論外ですけど、それ以外の本編もちょっと特徴に欠けてしまっており、未収録をきちんと配信してくれた@社を評価しつつも、これじゃあ未収録になっても仕方ないかな…なんて思ったりも。

と言うかやっぱりMNMだけで6パッケージも一挙配信とかはやっぱり辞めて欲しいですねー…当たり前ですけど聞いても聞いてもMEGA NRG MANばっかりで、レビュー以前にお腹一杯、飽きてしまうと言うか^^;

そう言った点ではやっぱり@社は評価できないんですけど(苦笑)

次はいつになるんでしょうか…確か初回が11月26日、今回が1月28日だったので大方3月25日ぐらいになるんでしょうか(だがそうは行かないのが@社!)
次も@社お抱えA-BEATのアーティスト×6といった内容になりそうですけど、とにかく気長に待ちたいと思います(笑)
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
久しぶりに石割り合戦に参加したと言うか、巻き込まれたと言うか…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索